Closeup of beautiful woman eye with makeup, closed eyes

全身脱毛でも除外?脱毛できないパーツで比較する脱毛サロン

全身脱毛は「全身くまなく」施術できるのが基本

全身脱毛を受けたいと考えている女性はたくさんいるでしょう。全身脱毛はさまざまなエステサロンで受けられるのですが、全身すべてが施術箇所となっている店舗もあります。全身脱毛にはまず、毎日の面倒な自己処理がなくなるというメリットが挙げられます。女性は仕事や学校などの制服でスカートや半袖を着用することも多いため、毎日カミソリで事後処理をしている人も多いでしょう。全身脱毛をすれば自己処理が不要となりますし、急なお出かけの時にも安心です。脇のムダ毛などを処理していないと、水着を着たくないという人もいるかもしれません。ちなみに、自己処理を続けると毛が太くて濃くなってしまいますし、さらに肌を傷つけてしまうリスクもあります。そのようなリスクを回避したいという場合、おすすめのエステサロンで全身脱毛を受けると良いのです。剃り跡が目立っていたり、肌荒れなどがあったりすると美しく見えないのですが、エステサロンでは綺麗に処理してもらうことができます。

ほぼ全サロン共通?脱毛でできない箇所はココ

ほとんどの脱毛サロンでは光脱毛を採用しています。黒いメラニンに反応する光を使用して毛根部にダメージを与えることで毛を薄くしていく事ができる方法です。黒い色に吸収する光を使用するので、色素が濃い部分は脱毛することができません。ほとんどの脱毛サロンでは全身脱毛をする場合であっても脱毛することができない箇所があります。それはまぶたです。光脱毛を行う場合、目に入ると悪い影響を与えてしまうことになるので、サングラスをかけて施術を行います。まぶたは非常に薄いので脱毛機の光を通してしまうため、まぶたには脱毛施術できないのです。全身脱毛コースを契約しても脱毛することはできません。しかし喉は脱毛可能です。喉の皮膚はまわりの部分と比べても変わりないので、問題なく脱毛することができます。全身脱毛ではほとんどの部位を脱毛することができるので、ムダ毛のコンプレックスを解消することができ自己処理の手間を省くことができるので非常に人気があります。

脱毛サロンでまぶたが脱毛できない理由とは

全身脱毛サロンでは、あらゆる部位を脱毛できそうなイメージですが、実はできない部位もありますので、お手入れを受ける前に確認することが大切です。
どちらのサロンでも、まぶたや喉元など粘膜のある部分については、脱毛できない箇所でしょう。その理由として、粘膜があるのに加えて、皮膚が薄く出来ていますので、肌トラブルを起こしやすいということが挙げられます。従って、サロンでは、その肌トラブルを出来るだけ回避するために、行われていないのです。
また、特にまぶたは、眼球が近いという理由もあるでしょう。全身脱毛で主に行われている光脱毛は、メラニンなど黒いものに反応するようになっていますので、黒い眼球のある部分に使うことは、とても危険が伴うものでもあるでしょう。
従って、お顔のお手入れもできる全身脱毛の方がお得だからと、何も確認せずに契約するのではなく、ご自身の希望する箇所もお手入れできるかどうか、無料カウンセリングなどでしっかりと確認することが大切でしょう。